HOME>支援ハウス「ホープ」

支援ハウス「ホープ」

Q1.「大阪希望館」はどんな人を支援するのですか?

「大阪希望館」は、仕事とともに「住まい」を失った人、また「住まい」を失う恐れのある人の再チャレンジを支援します。

ネットカフェ等での生活や野宿・ホームレスの生活を強いられている人はもちろん、失業などに伴い近く住居を失いそうな人の相談もお受けします。無理をして体を壊したり借金を抱える前に、早いうちに相談されることをお勧めします。

【報道記事】若者に、仕事を住まいを生活を いま再び「大阪希望館」(2009年6月8日、朝日新聞)

Q2.「支援ハウス・ホープ」に入るにはどうしたらいいんですか?

電話またはEmailで相談してください。直接来所での初回相談は受けていません。

[電話相談]06-6358-0705 日祝除く10:00~17:00
[メール相談]osaka.kiboukan@gmail.com 随時(ただし、返信が翌日以降になる場合があります)

ただし、支援ハウスの利用状況や相談の結果、支援ハウスに入所する以外の方策を提示させていただく場合もありますので、あらかじめご了解ください。

Q3.「支援ハウス・ホープ」に入るとどんな支援をしてくれるのですか?

「支援ハウス・ホープ」は、まず、「住まい」と「食事」を提供します。安心して眠るところもない、おなかいっぱい食べるものもない状態で、これからのことを考えることはできません。その後、スタッフが相談にのって再チャレンジの方法・方策を一緒に考えます。

Q4.「支援ハウス・ホープ」はどんな施設・設備ですか?

「支援ハウス・ホープ」は、「大阪希望館まちかど相談室」(大阪市北区天神橋7-13-15)近くの賃貸アパートを確保しています。すべて個室で、各室にベッド・冷蔵庫・テレビ・電気ポット・エアコンを設置しています。洗面台は各室にありますが、トイレは共同です。同じ建物内に設置している談話室にシャワールームと洗濯機があり、(時間の制約がありますが)自由に使えます。また、下着やタオル・石鹸などの日用品も提供します。

「まちかど相談室」には、就職活動用に貸し出せる背広やネクタイ・カッターシャツ、携帯電話を用意しています。履歴書や職務経歴書の書き方や、自分に合った就職先の探し方、あいさつの仕方や面接の受け方などの相談やアドバイス・練習もおこなっています。

Q5.「支援ハウス・ホープ」に利用料はいりますか?

「大阪希望館」では、家賃や備え付けの備品の利用料などはいりません。入所時を除き、食費は基本的に自分で負担していただきますが、所持金がなくても、利用者の皆さんには週3日の「就労訓練事業」に参加してもらい、その作業手当で賄ってもらえるようにしています。

Q6.「大阪希望館」の「就労訓練事業」とはどんなものですか?

「支援ハウス・ホープ」の新規入居者には、働く生活リズムと就労意欲を継続してもらえるように、「就労訓練事業」に参加していただきます。

月・水・金の週3日、9:15~15:15(昼休み12:00~13:00)、現在は淀川河川敷や希望館周辺地域、市営住宅や近隣公園の清掃作業をおこなっています。就労移行支援事業所ホープ・エッグの利用者や、まちかどサロンほっぽの利用者と一緒に作業をおこないます。

1回4,500円程度の作業手当を支給しますが、手当は希望館スタッフがお預かりし、食費等は1日1,500円程度の生活費をお渡ししますので、残りのお金は貯めておいて就職活動や就職後の一時生活資金にあてていただきます。

Q7.「大阪希望館」ではすぐに就職先を斡旋してくれるのですか?

「大阪希望館」では、利用者の方から、まず十分お話を伺い、どんな支援が適切か話し合い、利用者の方の同意の上で、対策・対応を決めていきます。

長期の厳しい生活の中で健康を害している場合などは、就職活動よりも医療が優先されます。借金が残ったままだと、就職できても借金返済に追われて生活が成り立たなくなることもあります。

こうした問題がなく、就職活動の準備ができた段階で、求職活動をしていただきます。

Q8.「大阪希望館」では職業訓練は受けられますか?

「大阪希望館では、直接職業訓練は行っていません。

国が実施している求職者支援訓練(要件に合致する人には、求職者支援給付月額10万円が訓練期間中支給される)や、ホームレス技能講習事業(給付金はなし)等を活用することになります。

Q9.「大阪希望館」は生活保護の相談はできますか?

「大阪希望館」は、「仕事」とともに「住まい」をなくした方の相談をお受けするところです。相談の結果、病気治療が優先されることが明らかになった場合などは生活保護の申請をお勧めすることもあります。その場合は市役所・区役所等への保護申請の同行なども行います。

また、生活保護を受けた後も、希望される方には相談活動を継続します。ただし、生活保護申請は選択肢の一つであり、健康な方についてはなるべく就労自立につながる方策を優先します。

Q10.「支援ハウス・ホープ」に住民票は置けますか?

「支援ハウス・ホープ」の入居者が住民票を置いて、さまざまな公的制度を活用できるようにすることも、大阪希望館の大きな役割だと考えています。Q8で紹介した求職者支援訓練も、また失業等給付の受給も、基本的には住民票がないと活用できません。

大阪希望館では、「支援ハウス・ホープ」を「住まい」として住民登録の設定、銀行口座の開設、国民健康保険加入の手続きなどをおこない、自立への基盤づくりを応援します。

Q11.「支援ハウス・ホープ」には利用規則やルールはありますか?

「支援ハウス・ホープ」入居中は、入居当初に週3日の就労訓練に参加してもらうこと、それ以外の日も朝9時にまちかど相談室に来て求職活動などその日の過ごし方についてスタッフと打ち合わせることなど、規則正しい生活に勤めていただきます。

また1日の生活費は1,500円以内に抑えて、計画的な生活を送っていただきます。なお厳しいですが、飲酒は「支援ハウス・ホープ」の入居期間中は、部屋・施設の内外を問わず一切禁止としています。提供している居室への友人等の立ち入りや宿泊、無断外泊等も禁止です。

1日も早くホームレス状態から抜け出して、自分が借りた部屋で暮らせるように、自覚を持って規律ある生活をお願いします。

文字サイズ:小 中 大

支援ハウス・ホープ

相談連絡先

ライフサポートセンターおおさか